【ADHD子供向け】発達障害の改善に効果が期待出来るサプリメント

発達障害改善サプリの中からADHDの症状を持つ子供向けのサプリメントをご紹介します。

 

まずは発達障害とADHDの関係から確認してみたいと思います。

 

 

発達障害とADHD

 

まず発達障害についてですが、発達障害は3つの症状にわけて障害の名称が異なります。

 

3つというのは次の通りです。

 

  • 自閉症スペクトラム(旧アスペルガー症候群)
  • ADHD(注意欠如・多動性障害)
  • 学習障害

 

(1)自閉症スペクトラム

 

相手の気持ちを考えたり、自分の思いを伝えたり、自分が決めたルールに固執するなどの症状に特徴があるものの、知的な部分での障害はないものの学校や職場など他人とのコミュニケーションが必要な場面を苦手としています。

 

(2)ADHD(注意欠如・多動性障害)

 

ADHDは日本語では「注意欠如・多動性障害」と言われており、落ち着きがなかったり、整理することが出来ない、考えないで行動する、同じ失敗を繰り返すなどの症状が特徴です。

 

ADHDも自閉症スペクトラムと同様に自分勝手な行動など集団行動に大きく影響するという面では特に大人になってからの社会活動で影響が大きいと言えます。

 

(3)学習障害

 

学習障害については、小学校で習うような文字の読み書きであったり、数字の計算などができないという症状が特徴です。ただ、学習障害に関しては自閉症スペクトラムやADHDと併発していることが多いとされています。

 

このサイトでは上記3つの発達障害の中からADHDに絞り、さらにADHDの中でも子供のADHDに有効なサプリメントをご紹介します。

 

ADHDと子供

 

ADHDの症状は子供だけでなく、大人にも見られる症状です。

 

ただ、大人と比べて、特に小さな子供を持つ親からするとADHDの症状が見られる場合、症状を緩和したり治るのであればできるだけ早く対処したいと思っておられることでしょう。

 

ただ、大人と違って、子供の場合、大人と同じ対策が受けられるのか確認しておく必要があります。

 

特にADHDに見られる症状は、ADHDでなくても小さな子供の場合には、同じような行動を行うからです。

 

次はADHDなのか病院で診察が受けられる年齢を確認してみましょう。

 

 

ADHDの診断を受けられる年齢

 

自分の子供が落ち着きがなかったり、じっとしていられなかったり、友達と仲良くなれないなどが続くと親としては「もしかしてADHD?」と不安になると思います。

 

しかし、小学校入学前の6歳以下だと病院で診察を受けても確信をもって診断されないようです。

 

ADHDの診断では、お医者さんからのヒアリング(質問)に応える形で進められるのですが、年齢が低すぎるとお医者さんの言ってることが理解が出来ないこと。

 

また、年齢が低いと正常な子供にも落ち着きの無さやじっとしていられないなどの症状が見られるためお医者さんとしても正確な診断が出来ないようです。

 

ADHDは男女で診断がくだされる時期が異なり、男の子が8歳前後、女の子が12歳前後と言われています。

 

とはいっても、親からすると出来るだけ早く現在の状況を改善したいと思うことが自然だと思います。

 

もし、お子さんが6歳以下の場合は、これからご紹介するサプリメントを試してみることも考えてみてはいかがでしょうか。

 

ADHDの診断前に試すことが出来るサプリ

 

ADHDは脳の機能障害であることは判明しているものの、これといった原因の特定までは辿り着いていないません。

 

ただ、ADHDに有益な成分として「ホスファチジルセリン」が注目され研究が行われており、子供を対象とした臨床実験でも有益な改善が見られるようになっています。

 

このような背景を前提としたサプリメントが開発されていますので、お子さんの年齢が低い場合やお医者さんに診断を受ける前に試してみたいという方に人気があります。

 

具体的には『コドミン』というサプリメントです。

 

⇒ コドミン公式サイトの確認はこちらから

 

コドミンの大きな特徴には、子供を対象としたサプリメントで、子供が飲みやすく(ラムネ味)、落ち着きや集中力をサポートする成分であるホスファチジルセリンが100mg配合されており、国内製造で副作用の心配がない等が挙げられます。

 

詳細は公式サイトで確認してみて下さい。

 

⇒ コドミン公式サイトの確認はこちらから

 

 

 

 

 

ここまでは、発達障害改善サプリとして主に子供のADHDを対象にしたサプリをご紹介しました。

 

発達障害は思ったほど特殊ではありません。

 

なぜなら、多くの人が知っている芸能人の方の中にも「自分が発達障害」だと公言している方もいるからです。

 

社会人として生活するだけでなく、芸能人として多くの人に注目される存在になっているんですから。

 

もちろん、発達障害でも症状によりますが、大人になっても見た目ではわからなかったり、発達障害であることがある分野で飛び抜けた才能を開花している事例も少なくありません。

 

ここからは、大人の発達障害について確認したあと、芸能人の発達障害者についてみていきたいと思います。

 

大人の発達障害

 

大人の発達障害の中でもよく耳にするのはアスペルガー症候群を含む自閉症スペクトラムなのではないでしょうか?

 

自閉症スペクトラムは3つの面での障害があると言われています。

 

(1)社会性

 

社会性の面での障害とは、他人との関わりでの障害で、友達関係やクラブ、会社での同僚関係など、人間関係を築くことが困難な障害です。

 

(2)コミュニケーション

 

他人との関わりの中で避けて通れないのが会話を中心とするコミュニケーションです。

 

会話ということは、自分が話すことも相手が話すことを聞くことがあり、自分の話したことを相手に理解して欲しいし、相手にも自分が言ったことを理解して欲しいと思うわけです。

 

しかし、自閉症スペクトラムを患うとコミュニケーション相手の話すことや感じていることを理解することが困難であり、自分のことを相手に伝えることが困難な障害です。

 

(3)想像力

 

想像力に関しては、自分が想像していたことしか受け入れづらいという特徴を持っており、自分の想像を超えた行動は否定する傾向が強いというものです。

 

3つの障害をご紹介してきましたが、これらの障害を持つ場合、大人になると次のような場面で弊害が生じます。

 

■集団活動

 

会社もひとつのコミュニティです。

 

会社では、それぞれの会社で掲げた目標に向かって、会社全体がその目標達成に向けて活動をしていきます。

 

部門間や部門内では、会議やミーティングなどコミュニケーションを取る機会が増えていきます。

 

しかし、自閉症スペクトラムを患っていると、人間関係を築くことや人とのコミュニケーションが苦手なため一人だけ孤立してしまったり、メンバーとの関係を乱したりという行動が目立つようになります。

 

■言葉のキャッチボール

 

会社などのコミュニティに所属すると、上司と部下の関係や同僚との関係が存在します。

 

上司と部下の関係の場合、上司から部下に指示が行われますし、部下から上司への報告や相談などが必要となります。

 

しかし、自閉症スペクトラムを患っていると、相手の言っていることや自分の言いたいことを伝えることが難しいので仕事が進みづらいということが多くなります。

 

■自分勝手

 

会社の仕事では、場面場面に応じて、臨機応変に仕事を進めることが必要です。

 

たとえ自分なりの方法をもっていたとしても、他人のアドバイスで良いものがあれば取り入れるなどをすることで仕事がスムーズに進みます。

 

しかし、自閉症スペクトラムを患っているとこの臨機応変さなど柔軟性がなく、こだわりが強く、例え業務マニュアルが用意されていたとしてもその通りには実践せず自分のこだわりを曲げないことで失敗するなどが増えることが想像できます。

 

 

この項目では、大人の障害について、自閉症スペクトラムによる会社での仕事面での弊害をご紹介しましたが、この障害を理解したうえで、この特徴を活かせる場面はあります。

 

一芸などが当てはまると思います。

 

 

芸能人の発達障害

 

芸能人は一芸を持っている代表的な職業です。

 

実は、この芸能人の中には発達障害を患っていることを公言している人が多くいます。

 

どのような芸能人がいるのかをご紹介します。

 

(1)栗原類さん

 

栗原類さんといえば、独特の雰囲気をもっているモデルさんでありタレントさんです。

 

実は栗原類さんはテレビ番組で「注意欠陥障害」であることを告白しています。8歳の頃に診断されたそうです。

 

(2)深瀬慧(SEKAI NO OWARI)さん

 

深瀬さんといえば、SEKAI NO OWARIのボーカルで多くの曲で作詞・作曲を手がけています。

 

一番の特徴は世界観だと私は感じています。

 

あの世界観も深瀬さんが患っているというADHDと精神障害が影響しているのかもしれませんね。

 

深瀬さんはラジオでADHDと精神障害の診断を受けていることを告白しています。

 

(3)ブリトニー・スピアーズさん

 

国内だけでなく、海外に目を向けると有名人が発達障害であることを告白しています。

 

ブリトニー・スピアーズさんは、18歳の頃にADHDの診断を受けているとのことです。

 

(4)スーザン・ボイルさん

 

スーザンボイルさんといえば、テレビのオーディション番組から歌手になった有名な歌手ですね。

 

スーザンボイルさんは発達障害のひとつアスペルガー症候群だと新聞で告白しており、あえて告白した理由は自分が持つ特徴を他人に知ってもらいたいとの思いからで、その上で周りの支えが必要だからとのことです。

 

発達障害でも悲観する必要はない

 

4名の発達障害を患っている芸能人をご紹介しました。

 

この4名の方々は自分から発達障害を告白しているわけですが、どの方も発達障害であることを受け入れ、障害の特徴を理解した上で周りの人にも障害を理解して頂いたうえで良い関係を築いていきたいという思いの現れだと言えます。

 

確かに障害はないに越したことはありません。しかし、障害があるのであればその障害とうまく付き合っていくしかありません。

 

このことから、子供のうちにADHDなどの疑いをもつのであれば、診断可能な年齢になれば診断を受けて、事実をもとに適切に行動することが重要です。

 

発達障害の中の自閉症スペクトラムには、悪く言えば自分勝手でも、自分の世界や思ったことをとことん突き詰めることが出来るという特徴があり、この特徴が他人から抜けだず武器にもなるという事実があります。

 

ADHDの診断を受けるには小学校に上がるなどの年齢的な制限がありますので、それまでは、子供用のADHD改善サプリを試してみるのも良いかもしれませんね。

 

⇒ コドミン公式サイト

 

 

 

 

更新履歴