発達障害の原因は遺伝?それとも・・・

発達障害については、「自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群(ASD)」「注意欠如・多動性障害(ADHD)」「学習障害(LD)」の3つを指していることは既にご紹介しました。

 

この発達障害ですが、原因は何なのでしょうか?

 

この記事では、発達障害の原因についてみていきたいと思います。

 

 

発達障害の原因

 

発達障害の原因についてですが、現時点では明確にこれが原因だという。原因は見つかっていません。

 

ここしかし、これまでの研究により、脳の機能障害が原因となっていることは明らかになっています。

 

ただ、この脳への機能障害がどのようにして発生したとかについては明確にはなっておらず、現在も研究中だということで現在も研究中です。

 

ずーっと昔は発達障害の原因について「親」が影響していると説もありました。

 

具体的には「親の子供へのしつけ」「親の子どもの育て方」「親の子供への愛情不足」などです。

 

しかし、現在では医学的に上記の説は否定されています。

 

現在有力な発達障害を引き起こす脳機能障害は、遺伝的な要因と環境的な要因が相互に絡み合って影響していると考えられています。

 

 

脳への機能障害が発症メカニズム

 

脳への機能障害が発症するメカニズムについては、先天的に発達障害につながりやすい遺伝子を引き継いだ。子どもがお母さんのお腹にいる間、または出生後育っていく中で、いろいろな刺激を受けるうちに何らかの理由で脳機能障害を生じることで発症すると考えられています。

 

ただ、明確に何かを行ったから脳機能障害が起きるとは言えないところが現状です。

 

飲むにはいろいろな機能があり、様々な刺激を感じる機能であったり、相手を認知する機能であったり、行動を司る機能であったり様々な機能を持っています。

 

具体的には、人の気持ちを考えたり、人とのコミュニケーションを良好にするためには前頭葉や扁桃体のコントロールが必要ですが、この前頭葉や扁桃体に機能障害が見られる場合には、人とのコミニュケーションが希薄になったり、うまくコントロールできない聞いたことができます。

 

ただ、悪い面だけではなく、すでに紹介しましたが、アスペルガー症候群の方の中には、一部の脳機能が通常より発達し特異な才能を発揮する場合もあります。

 

 

発達障害が遺伝する確率

 

発達障害の原因は、遺伝的要因と環境的要因が絡み合っていることはお伝えしましたが、遺伝的要因の場合、どの程度の確率で遺伝するのでしょうか?

 

実際に家系図をたどった場合、親であったり、兄弟でやったり、親戚に発達障害の方が存在することはあります。

 

しかし一方では、一卵性双生児など遺伝子的にも似通っているにもかかわらず、1人が発達障害になってもう1人が発達障害にならないと言った場合もあります。

 

親の組み合わせも同様です。

 

発達障害は遺伝的要因が認められているものの、すべてが遺伝的要因であると言うのではなく、発達障害の1つの要因に過ぎないと言われています。

 

発達障害が意見する確率ですが、一説によると、双子など遺伝子が完全に一致する場合でも発達障害となる確率は8割前後と言われており、10人いれば8人が遺伝するものの2人は遺伝しないということです。

 

今の例は、双子で遺伝子が完全に一致する場合でしたが、二卵性双生児であったり、通常の兄弟の場合はさらに確率は下がると考えられています。

関連ページ

発達障害の特徴と診断可能時期
発達障害に関して。具体的には発達障害の特徴とお医者さんに診断を受けることが可能な時期についてご紹介します。