発達障害は改善するの?それともしない?

発達障害については、既に下記の記事でご紹介しました。

 

f="../hattatsushougai/genin.html" target="_blank">発達障害の原因は遺伝?それとも・・・

 

 

また、発達障害には

 

  • 自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群(ASD)
  • 注意欠如・多動性障害(ADHD)
  • 学習障害(LD)

 

があることもお伝えしました。

 

この記事では、発達障害は改善するのか、しないのかについてみていきます。

 

発達障害と改善

 

発達障害といっても改善するものと改善しないものがあります。

 

軽度の障害であればサプリメントで症状が改善するものもあるくらいです。

 

では、改善する可能性がある発達障害はどれなのでしょうか?

 

ADHD(注意欠如・多動性障害)は改善の可能性がある

 

冒頭でお伝えした発達障害と言われる3つの障害の中でもADHD(注意欠如・多動性障害)についても改善の可能性があると言われています。

 

ADHDの特徴には「じっとしていられない」「衝動的に行動する」「かんしゃくをおこしやすい」「同じ失敗を繰り返す」などがあります。

 

しかし、これらの特徴の中でも「じっとしていられない」や「衝動的に行動する」などは小学校に上る前のお子さんには多く見られる行動であり、ADHDだからとも言い切れません。

 

だから、ADHDの診断が可能になるのは小学校に入学してからと言われているんですね。

 

もし、小学校に通い始めても先ほどの症状が見られるようであれば出来れば一度専門医に診てもらった方が良いでしょう。

 

とはいっても、子供さんが小学校に上がる前や、他の手段を試してみたいという場合はサプリメントを試してみるという方法があります。

 

ADHDに有効なサプリメント

 

ADHDに関しては古くから研究が進められてきており、ADHDに効果のある成分も見つかっています。

 

その成分は「ホスファチジルセリン」という成分です。

 

最初「ホスファチジルセリン」がADHDに効果があるかもしれないという仮説のもと研究が進められ、後に裏付けが取れたということです。

 

どのような背景から、「ホスファチジルセリン」がADHDに効果があるという結論に至ったのかについてご説明します。

 

研究では、1日200mgの「ホスファチジルセリン」をADHDの子供に2か月間飲んでもらいました。

 

すると、ADHDの特有の症状に改善が認められたというのです。

 

また、「ホスファチジルセリン」の安全性については、子供ではなく高齢者に1日200mgの「ホスファチジルセリン」を3回飲んでもらっても問題はないことが確認されています。

 

この1日200mgの「ホスファチジルセリン」を主な成分として、それも子供が飲むことを前提に作られたサプリメントがコドミンです。

 

コドミンについては、公式サイトでご確認下さい。

 

⇒ コドミン公式サイトの確認はこちらから

 

まとめ

 

発達障害は改善するのか、改善しないのかをテーマに話を進めてきました。

 

結論としては、ADHDに関しては研究が進められており、ADHDの症状を緩和する成分が明らかにされ、その成分を含んだサプリメントが発売されています。

 

ADHDの正式な診断をうけるには少なくとも小学生になってからだと言われますので、それまではお医者さんにいって診断がされないためお薬も処方されないかもしれません。

 

そのような時でも、出来れば症状を緩和したいというのであれば一度コドミンを試してみるとよいのではないでしょうか。

 

子供の体に害のある成分は使っていませんし、子供にとってもお菓子を食べる感覚で体に取り入れることが出来る工夫がされています。

 

その上で子供さんが小学校に上がっても症状が緩和しない場合に始めて、病院で診察を受けてみるという手順で進めるのも良いと思います。

関連ページ

発達障害の特徴と診断可能時期
発達障害に関して。具体的には発達障害の特徴とお医者さんに診断を受けることが可能な時期についてご紹介します。
発達障害の原因は遺伝?それとも・・・
発達障害の原因について。発達障害の原因は遺伝だという説がありますが、本当なのかをテーマに話を進めていきます。