発達障害の特徴と診断可能時期

発達障害という言葉は良く耳にするものの、正確にはどのような障害で、どのような症状が見られるのか、治るのか治らないのか、発達障害だと診断されるのは何歳頃なのかについてご紹介していきます。

 

発達障害とは?

 

adhd

 

「発達障害」とは、名称から人間が成長する過程での障害であると言うことは想像できます。

 

しかし正確にはどのような障害なのかを理解している人はそれほど多くないと思われます。

 

まずは発達障害がどのような障害であるのかについて確認していきたいと思います。

 

発達障害とは、次の3つの症状のことを総じて発達障害と言われています。

 

  • 自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群(ASD)
  • 注意欠如・多動性障害(ADHD)
  • 学習障害(LD)

 

(1)自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群

 

自閉症スペクトラムとアスペルガー症候群の特徴は、社会生活を行う上でのコミュニケーションに関する欠陥で、アスペルガー症候群は他人の気持ちを理解することが苦手で、相手を思いやった行動や発言が苦手なため、知らないうちにコミニュケーションの相手を傷つけるといった場面を引き起こすことがあります。

 

(2)注意欠如・多動性障害

 

注意欠如・多動性障害については、ADHDと言われるもので、「落ち着きがない」「じっとしていられない」「同じミスを繰り返す」等の症状を特徴としています。

 

(3)学習障害

 

学習障害は、機能的な発達に関する障害は見られないものの、聞いたり、話したり、読んだり、書いたり、計算したりするなかで、どれか1つのことについてのみ著しく困難な状態を示す場合に言われます。

 

ここでご紹介した3つの発達障害の共通した特徴は
社会生活や人とのコミュニケーションの面で困難を引き起こす障害といえます。

 

 

 

発達障害の特徴

 

ここでは発達障害の特徴の代表的なものを見てみましょう。

 

 

(1)完治しないが改善は可能

 

発達障害と診断された場合、この障害は完治することは無いため、一生付き合っていく障害となります。

 

なぜ完治が難しいのかというと、脳神経系の発達が原因のひとつと言われているからです。

 

ただし、完治することは無いものの、大人になるにつれて症状を買うをさせる事は可能なるようです。

 

 

(2)障害が良い面に働くこともある

 

発達障害の中でもアスペルガー症候群については、相手を思いやるといった行動は苦手であるものの1つのことに興味を持つと没頭し、特異な才能を発揮する場合があります。

 

(3)原因は?

 

発達障害の原因については明確にはこれが原因といったものは明らかになっていません。

 

ただし、遺伝など先天的原因については認められています。

 

 

診断可能時期

 

発達障害については症状により変わってきますが、子供が小学校に入学するまでは発達障害でなくても発達障害に見られる行動を行うため、少なくとも小学校に入学してから検査を受け診断を受けることになります。

 

検査については行動観察や生育歴などを問診形式で行いますので、子供が小さい場合にはお母さんなど保護者から聞き取ることになります。

 

発達障害については、大人になってから診断されることも珍しくないため、大人になってからでも気になる症状があるのであればいちど診断を受けてみることも良いのではないでしょうか?

 

また病院まではどうしてもという場合には発達障害改善サプリを飲んでみるなどして効果を確認してみるのも良いかもしれませんね。